自分のできることを表現する日?知られざる「ユニークタレントデー」とは


出典: SK Design on Shutterstock

私たちは皆、それぞれ特有の素晴らしい才能を秘めています。11月24日は、そうした自分の奥底にある才能や特技を表に出し、他人に披露するという「ユニークタレントデー」と呼ばれる素晴らしい日なのです。


■ユニークタレントデーとは?

自分のできること=ユニークな才能を祝福するための日、それがユニークタレントデーです。

例えば大通りで踊ってみたり、歌う、絵を描く、燃えている輪を飛び越える、あごに物を乗せてバランスをとるなど、自分の自慢できる特技を披露する、そんな日なのです。

ユニークな才能というのは、時に自分自身を表現するための一つの方法でもあります。

ちょっと変わっている個性的な部分を他人に披露するのは少し恥ずかしいかもしれませんが、自分の個性をさらけ出して他人に受け入れてもらう…というのは喜ばしいことでもあります。

普段はなかなか表に出せないような才能や特技を人に見てもらうことで、そこから新しい自分を発見するきっかけになる可能性も。最近では、YouTubeやTwitter、InstagramなどのSNSで得意技を披露する人が増えています。


■歴史はあるの?

実は、このユニークな個性を祝うイベントの起源・歴史は詳しく分かっていません。ですが「ユニーク」は今も昔も変わらず、アルバート・アインシュタインや世界の偉人など、個性を持つ人たちが活躍してきた歴史があります。 

このイベントは、自分のできることや「個性」「ユニークな才能」を持っていることを祝福し、自分の個性がいかに重要であるかに気づくための日なのです。

思い切って自分を表現してみることで、子供のころから知らずにやっていたことや大人になってから気付いた特技など、「当たり前」と思っていることが、もしかすると周囲の人々を楽しませるような「才能」に花開くかもしれません!

 

■ユニークタレントデーって何するの? 

ユニークタレントデーですること、それは自分の持つ才能を見つけ、他人と共有することです。

歌う・踊る・ジャグリング・口笛・逆立ち・有名人の物まねなど。自分の特技やユニークな才能を外へ発信するのです。

 

<自分らしさを表現して自分をもっと好きになる方法>

1.動画を作成し、その動画をSNSや動画サイトに投稿。あなたの面白さや意外な特技が世界中でシェアされ、新たな世界が開けるかもしれません。

2.仕事仲間や友人、家族を招いてちょっとしたショーを開催するのもアリです。今まで自分だけの趣味だったことも、ぜひ仲間や家族に自慢してください!

3.知り合い、友達などを招待して「一番ユニークな才能を持っているのは誰か?」を決めるコンテストを開催しましょう。受賞者のための賞品も用意しておくとさらに盛り上がること間違いありません!

4.自分以上に他人の個性や才能を認め、相手を祝福しましょう!お互いに褒め称え合うことで自己肯定感が高まり、自分をもっと好きになることができます。


人は誰もが優れた、面白い才能やスキルを持っているもの。自分の得意分野は何か?を考え、人に自慢できることを惜しみなく披露することでお互いを認め合う、それがユニークタレントデーです。

「黙っていたけど、実はこんな特技があるんだ!」「いつかはこの自分の才能を外に発信したい」など、ひそかに考えている方は、ぜひSNSに動画をアップして世界中の人に自慢してみてください!